2016年02月27日

幼いころからメガネを掛けてしまうと・・・


近視になってしまうリスクが高まってしまいます 

それは、メガネで矯正すれば、今までの正常なピントの合う位置が

変わってしまい、メガネなしでは、正常なピント合わせができなく

なってしまうからです 

今では、小学生の30%、中学生では約60%もの子供さんがメガネ

を必要とされています 

なぜそうなってしまったのか 

それは、幼いころからテレビゲームとか携帯用のゲーム機に長時間夢

中になって、眼を休めることをしない結果なのです 

メガネで矯正しても、視生活を変えなければますます眼は悪くなって

いきます 

 
  516347_1(ミオピア).jpg
   厚生労働省医療機器
      製造販売承認番号:
      14400BZZ00040000号
      (昭和44年認可)
      保証期間:3年

 『ミオピア』体験は、無料で行っています 

  アドバイザーの市橋さん.jpg

 愛知県名古屋市中区金山1-9-19ミズノビル3F
    アイメディカル金山
    TEL:052-323-2347
    メールでのお問い合わせはこちらへ
    eyemedical.k@view.ocn.ne.jp
    営業日:火〜土 11:00〜19:00
        日・祝 11:00〜17:00
    定休日:月曜日


posted by かっちゃん at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

仮性近視になった眼を回復させるには・・・


超音波治療器『ミオピア』には、目の調節機能の異常な緊張や仮性近視
をおさえたり、症状を軽減させたり、あるいは消失させたりするという
効果があります

長時間のパソコンやゲーム機、またスマートフォンなどでのVDT症候
群に、また読書・勉強や、車の運転や長時間の残業などによる目の疲れ
による近視の進行を抑制する効果があります

また、目という限定された部分だけでなく、周辺の細胞や組織を活性化
するほか、その刺激が脳を経由して全身に広がるため、体全体の健康維
持や新陳代謝を促進し、それによってアンチエイジングにつながってい
くのだそうですね

さらに、『ミオピア』は幼児からお年寄りまで簡単に使える機器です。
家庭に一台あれば、視力が衰えた家族全員で『ミオピア』を使うことが
できることから、家族それぞれが眼鏡で矯正(一回の矯正では終わりま
せん)するとか、高額なレーシックなどで視力改善することを考えれば
経費は逆に安くすみます

使用方法は簡単で、手に持って、閉じたまぶたの上に軽くあて、10分
間投射するだけです
眼球を動かしたり、物を見たりなどする必要もなく、複雑な操作もあり
ません

オートオフ機能で、低数帯域超音波(LB)がマイクロマッサージをし
てくれます
誰でも安心して使え、1日10分程度で終わるマッサージ治療法で、その
後瞬き(まばたき)運動をおこなうだけです

ただ、効果の現れ方は、症状によって個人差があるようですが、眼精疲
労の解消などの場合は即効的な効果がみられる場合が多いです

仮性近視の治療には継続使用で効果があらわれてきます

子供さんのお小遣いで買えるような金額ではありませんが、危険性も副
作用もなく、これまでの数々の経験と実績により、視力回復トレーニン
グ機器の中ではとても人気が高いようです

アイメディカル金山では、購入後のアフターケアは、無償で無期限おこ
なってくれます

しかも治療器は通常1年保証ですが、『ミオピア』は、3年間の保証期
間が付いています
仮性近視の回復は、『ミオピア』で達成していただければいいのではな
いでしょうか

 516347_1(ミオピア).jpg
  厚生労働省医療機器
      製造販売承認番号:
      14400BZZ00040000号
      (昭和44年認可)
      保証期間:3年

 愛知県名古屋市中区金山1-9-19ミズノビル3F
    アイメディカル金山
    TEL:052-323-2347
    メールでのお問い合わせはこちらへ
    eyemedical.k@view.ocn.ne.jp
    営業日:火〜土 11:00〜19:00
        日・祝 11:00〜17:00
    定休日:月曜日

 


  ☆☆〜〜★〜〜☆〜〜★〜〜☆〜〜★〜〜☆☆
posted by かっちゃん at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

LED液晶ディスプレイが発する『ブルーライト』


私たちは、日常生活で液晶ディスプレイを眺める時間が多くなり
眼の疲れや乾きを訴える人がとても多くなっています

その原因として、LED液晶ディスプレイが発する光の中の青い
部分『ブルーライト』が眼に悪影響を与えているといわれていま


『ブルーライト』は自然光にも含まれ、色を表現するために欠か
せない要素なんですが、可視光線の中で最も強く、直進するエネ
ルギーを持つため、目の角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到
達し、網膜の機能低下を引き起こしてしまうと言われています

『ブルーライト』に長時間眼にさらされると瞳孔を収縮させる毛
様体筋を刺激するため眼精疲労やドライアイを引き起こしたり、
睡眠を促すメラトニンの分泌を抑制するため、体内時計がずれて
しまうといった症状を引き起こす恐れもあるそうですね

長時間連続して、パソコンやスマートフォン、ゲーム機などをし
てはいけません

眼を休めることも大事ですよ


posted by かっちゃん at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。