2016年07月16日

眼の構造について・・・


『水晶体』とは、『角膜』が最初のレンズで、二番目のレンズに
なります

『角膜』は、その形状を変化させませんが、『水晶体』はその厚
みを変えることによって、機能を発揮するのです

 眼の構造2.gif

外から入ってきた光は、一度『角膜』で屈折し、その後『水晶体』
でさらに屈折して網膜に投射されます
つまり、このピント調節をしているのが『水晶体』で、近くを見る
ときは厚くなって屈折を強め、遠くを見るときは薄くなって屈折を
弱めています

この機能ができなくなると、ピントが合わなくなってしまいます
『水晶体』そのものはゼリー状の物質でできていますが、人間は加
齢にしたがって毛様体によるピント調節がうまくできなくなります
これが老眼(老視)で、老化現象の代表的なものなのです


 IMG_0645.JPG



 516347_1(ミオピア).jpg


『ミオピア』体験は、無料で行っています 

 IMG_0242.JPG


 愛知県名古屋市中区金山1-9-19ミズノビル3F
    アイメディカル金山
    TEL:052-323-2347
    メールでのお問い合わせはこちらへ
    eyemedical.k@view.ocn.ne.jp
    営業日:火〜土 11:00〜19:00
        日・祝 11:00〜17:00
    定休日:月曜日


  ☆☆〜〜〜★☆〜〜〜☆★☆〜〜〜☆★〜〜〜☆☆








posted by かっちゃん at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼の構造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。